コンテンツへスキップ
   

2017年度 全国ロービジョンセミナー(終了しました)


1.目的

近年障害者雇用につきましては、企業、当事者、支援者など多くの関係者の努力によって進展の兆しが見えてまいりましたが、視覚障害者の雇用につきましては、未だ、多くの企業から十分なご理解を得られていないのが実情です。具体的にどんな仕事ができるのか、採用後にどのような支援をし、育てていけばよいのか、まだまだ情報が不足しています。その情報不足が、視覚障害者を雇用する上での不安を生んでいます。企業が人材として求める当事者の能力を評価するために、視覚障害についての理解を深めていただけたらと願ってやみません。
「2017全国ロービジョンセミナー」では、「岐路に立つ視覚障害者の職業自立 ~どう変える? これからの働き方~」をテーマに開催いたします。午前は視覚障害者の就業状況に関する基調講演の後、三療(あん摩・マッサージ・指圧、はり、きゅう)の状況や、当事者団体の取り組みについて、研究者および団体関係者からご講演いただきます。そして午後には、視覚障害者の就労支援に関連して、支援機関の役割をテーマにシンポジウムを行います。
また、第二会場では同時並行で、視覚障害に関係する団体のコーナーやロービジョン機器の展示を開催いたします。
これらの企画をとおして、本セミナーが視覚障害者の就労拡大、さらには就労継続へ結びつくきっかけとなることを願っております。

2.開催概要

主催社会福祉法人 日本盲人職能開発センター
後援読売光と愛の事業団
日時平成29年7月22日(土) 9:45~16:00
会場戸山サンライズ(全国身体障害者総合福祉センター)
東京都新宿区戸山1-22-1 TEL 03-3204-3611
申込期限平成29年7月14日(金)
申込先2017年度の受け付けは終了しました。
参加費無料(但し、昼食代1人1000円は当日受付時にお支払いください)

2.講演会プログラム(敬称略)

総合司会 神奈川県総合リハビリテーションセンター
七沢自立支援ホーム 渡辺 文治

内容時間詳細
受付9:15~9:45
基調講演10:00~11:00「視覚障害者の就業の現状と課題」
障害者職業総合センター 特別研究員 指田 忠司
11:00~11:10休憩
11:10~11:50「全国調査にみる三療業の現状と課題」
筑波技術大学 保健科学部 教授 藤井 亮輔
11:50~12:30「当事者団体による職業自立に向けた取り組み」
日本盲人会連合 青年協議会長 大胡田 誠
昼食12:30~13:40併設会場にて、ロービジョン機器等展示会、施設・団体案内
シンポジウム13:40~『広がるニーズに支援機関はどうかかわるか』
司会 日本盲人職能開発センター 評議員 岡田 伸一
13:40~14:10基調報告
「多様な働き方を支援する日本盲人職能開発センターの取り組み」
日本盲人職能開発センター 施設長 杉江 勝憲
14:10~15:50報告
・東京都立葛飾盲学校 小学部 教諭 小畑 公志
株式会社クレスコ 調達管理部 松永 恵里
・俳優・日本盲人職能開発センター 東京ワークショップ
就労継続支援B型 タイピスト 保村 大和
・日本盲人職能開発センター 東京ワークショップ
就労移行支援 職業指導員 西田 梓
閉会式15:50~16:00

3.ロービジョン機器等展示会

10:00~16:00の間、併設会場で拡大読書器、弱視者用レンズ・パソコンソフト、便利グッズ等の展示会を行っています。